忍者ブログ
Admin*Write*Comment
賭博狂ノ詩
[456]  [455]  [454]  [453]  [452]  [451]  [450]  [449]  [448]  [447]  [446
いまだにあんま信じられないんですけど、
昨日の夜に窃盗犯と格闘しまして、
身体中のあちこちが痛いです。

殴られて口の中は切れてるし、捕まえるときに膝を思いっきり擦りむいた上、
殴り返したときに相手の歯にあたって右手も痛い。













昨日の夜に都内で深酒をしてしまいまして、
バス停のベンチで寝てしまったようなんです。

で、5時くらいにふと目が覚めたら、いきなり目の前に全力疾走しだしたおっちゃんが。

不思議なもんで、直感的に財布とられた!と気付き、
寝ぼけたままこちらも全力ダッシュ。








相手は60歳くらいのおっちゃんだったのもあって、
すぐに追いついたんですけど、
捕まえるときに思いっきり足を擦りむいてしまいました。

で、当たり前なんですけど、反抗してきたおっちゃん。

大人になってから初めて顔を殴られたような気がする。

でもそこはやっぱりおっちゃん。
あんま痛くはなかったんですけど、
さすがにむかついたので、
殴り返したと。

殴り返したときに歯にあたって右手を負傷。









で、なんとか落ち着いたので、
財布を取り返した…ところまではよかったんですが、
何を思ったのか、
「まあ、警察には言わないですけど、なんでこんなことしちゃったんですか」
と。

寝ぼけてたのもあったんですけど、
普通に考えて警察に連絡しときゃ良かった…


相手も相手で、泣きながら
「いや、慰謝料が払えなくて…財布の中身も空で…ほら…」

なぜか財布の中をみせてくるおっちゃん。

1000円札が一枚。


青いTシャツに短パン姿で、
60歳くらいで眼鏡かけてるおっちゃん。


なんかもういいやって思っちゃって、
「じゃあ、まあもうやめてくださいよ」といって、
おしまい。


うちに帰ったら膝から血はどくどく出てきてるし、
口に食べものいれるとそこそこ痛いし、
治療費くらい請求しときゃ良かったなあと、
現在に至るわけです。













仮眠をとって、今電車にのってこの日記を書いてるんですけど、
なんかまだ覚醒してなくて、
半分夢だったんじゃないかという気持ちで一杯。

とは言え、足と口はズキズキと痛いわけで、
やっぱり現実だったわけです。









素直に嫁さんに言ったら確実に怒られるので、
なんて言い訳しようかなあと考えていたら、
朝方起きて話を聞いていた母親が密告メールを送ったらしく、
言い訳するより前に嫁さんからお叱りメールがきて、
ジエンド。


禁酒命令も辞さない構えで説教されるんだろうな…














ほんとに最近変なヒキしてるわ。
財布無事で良かった。
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
メール
URL
コメント
文字色
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret
  • お酒
先代 2012/07/31(Tue)12:25:32 編集
は怖いですね、でもやめられないです。
命がありなによりです、近年は怖いですからね。お身体御自愛してください
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
  • ABOUT
パチスロの話とか麻雀の話とか 適当にまったりと雑談してます
  • カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
  • 最新コメント
[03/21 ゴーストライダー]
[06/21 dagIllege]
[06/07 管理人]
[04/05 PUCCI]
[01/24 管理人]
  • リンクについて
当ページはリンクフリーです。 相互リンク募集しております。
  • バナー
(200×40)
必要な方はお使いください。
  • ランキング
未知のサイトへ
にほんブログ村 スロットブログへ 人気blog ランキングへ
  • プロフィール
HN:
zentpp
HP:
性別:
非公開
自己紹介:
メールアドレス

現在絶賛放置中
  • バーコード
  • ブログ内検索
  • カウンター
  • アクセス解析
  • お天気情報
Copyright © 賭博狂ノ詩 All Rights Reserved.*Powered by NinjaBlog
Graphics By R-C free web graphics*material by 工房たま素材館*Template by Kaie
忍者ブログ [PR]