忍者ブログ
Admin*Write*Comment
賭博狂ノ詩
[1]  [2

牌譜








いろいろネットサーフィンしてたら、
なんか良さげなサイトをみつけました。
結構有名な麻雀サイトらしいんですが、
東風荘と違って絵も綺麗だし牌譜も残せるみたいなので、
打ち筋がみたいとの意見もあったので試しに載せてみます。



上の「牌譜」をクリックし、数秒待って中央下に出てくる「サーバーに接続」を押すと、
管理人の牌譜がみれます。
リンクに飛んだら、下らへんにある「Auto」を押すと勝手にやってくれます。



時間があまりなかったのでルールは東風戦の赤食いタンありで。

ちなみに管理人が9級なのは試しに一回やってみて、
一回勝ったらなぜか昇級したためですw

何分慣れないサイトなので管理人がまごまごしてますが、
そこはお許しください・・・


















そいでは打牌を見ていきましょう。


東一局



2順目。
はい、上家の「白」ポンし忘れましたね。
鳴くときにどこを押していいかわからずまごついてたら、
パスボタン押しちゃって見事にスルーしてしまいました。
ドラドラある上に東風戦なのでこんなん100回やって100回一鳴きです。
白鳴いてたら、打七萬でしょうかね。



6順目。
対家から立直が入りました。
手がパンパンな上、完全安全牌が一枚もないので泣きそうです。
判断材料皆無なので、下手に筋など追わずにここは全ツッパで。



8順目。
チートイの聴牌が入りました。
⑦ピンも4索もどっちも危険なので、ここは自分の都合で打4索。
場に⑧ピンが3枚出ているので、⑦ピンのほうがヤマにいると思ったからです。
今から考えると立直にいっても良かったですね・・・。









東2局。


オヤですね。
まずは手なりで。



5順目。
思いもよらずドラが重なったのでビックリ。
打中といく人が多いでしょうが、なんとなく順子よりだと思ったので打6索で。



6順目。
もろに裏目ひきました。
リアルでこうなったら「ゴォーーーーール!!!」と叫びましょう。
いいわけですが、
5順目に打中といったらたぶん対家に鳴かれていたので、
6索は入ってこず、どっちにしろ6索暗刻は無理めです。







東3局。

配牌がクソだったので、
半オリ、半攻めの状態で進んでいきました。


11順目。
上家からリーチ。
完全にベタオリ決定です。
特に見せ場はありません。
一萬を手放さなかったのは単純に親に危険だと思ったからです。







東4局。

3900和了れば1位です。
配牌からみてタンピンドラ1あたりが理想系でしょうか。



10順目。
聴牌が入りました。
2つに意見がわかれるところでしょうか。
④ピン切りリーチでリータンドラ1の5200か、
あるいは管理人のように6ピンきってダマか。


管理人の場合は、
下家が染め気配で尚且つ一萬四萬ポン状態なので、
もしかしたら二萬はモチモチかもしれない。
それならいっそラス⑥ピン拾いにいくくらいなら、
下家からの出上がり期待も考えてドラ待ちの嵌張待ちで。

という感じ。

実際シャボで立直かけてたら対家から二萬出たっぽいですがw













思ったよりも長くなっちゃいましたがこんな感じです。
好評だったらまたやります。
誹謗中傷の嵐だったらこの企画封印にw



というのはうそですが、
意見などあったら是非。
「あそこはおかしいんじゃねえか」とか「自分だったらこう打つ」とか
「zentppかっこいい」とか「付き合ってくださいby23歳OL」とかなら大歓迎。



ちなみに管理人の腕は初心者に毛が生えたようなものなので、
亜空間打法とか熱心に説明されても困りますw




参考:天鳳

PR

 親不知抜いたところがまだ痛くてですね、
稼動にいけません(´・ω・`)

こういうのって割と尾をひくもんなんですね・・・
結構2、3日くらいで完治するのかと思ってた(;´Д`)












というわけで今日は久々に麻雀の話でも。




麻雀だけに留まらず他のギャンブルに言えることですが、
想像力と創造力を大切にすると格好良い打ち方になると思います。




東一局からゲームを作っていって、
「今はあがるべきじゃない」
「ここは押すべき」
などと全体の構成を考えながら打つと、
勝ったときの楽しさは倍になりますし負けたときは納得できるようになります。



それには最初に手牌を見たときの最終系を予想する想像力と、
オーラスまでの形を創っていく創造力の2つが必要となります。











かといってこれをやったからといってすぐ勝てるようはなりませんし、
無理にやる必要はありません。


「ああ~ここでこうなってああなったら嬉しいな~」
などとイメージを大切にしながら打つと、
麻雀の楽しみ方がより増すかもしれませんw


麻雀に限らずギャンブル、ゲームのたぐいは、
メンタルに関する部分もかなり重要になってきますから、
テンション無理やりあげて頑張っていきましょうw




むやみなオリはヒヨリの元です!

















一昨日打った麻雀にて9順目で相手からリーチ、
捨牌みてもさほど特徴の無い捨牌。

すでにこっちは点数をかなりもっていたが完全安全牌ナシ。
5順目に切られてた5索を頼りに8索落としたら、
みごとに純全帯公に直撃しましたとさw


捨牌が見事に迷彩されてたので「あっやられた」とそのときは思ったけど、
オリで放銃なんて愚の骨頂(;´Д`)


やっぱ「完全安全牌が0のときは強打すべし」ってのはなかなかにマトを獲てるな・・・
ある程度点数もった状況でそれやんのかなり怖いですけど(´・ω・`)

「ヤツのあの捨牌・・・234の三色で待ちは2-5ピンだな!」


なんてセリフを麻雀漫画などで見かけますが、
いわゆる一点読みなんてものはかなり特殊な状況でない限り不可能です。



がしかし一点読みは無理だとしても、
三点くらいにしぼることは割と可能です。





例えば下の捨牌↓

pei.gifhatu.gifpin9.gifman5.gifpin3.gifsou2.gifsou4.gifman8.gif



全部手出しの状態から8萬切りで対面がリーチしてきたとします。






ここで自分の手牌から
man9.gif


を打てば平和ドラ1の聴牌になる状態になったとします。
場況は特に特殊な状態じゃなく、
東一局25000点持ちの北家とでもしましょうか。

さてどうしましょう?



















結論から言いますと、
自分だったら九萬はほとんどの場合打たないです。
初心者の方で1とか9は安全牌と思い込んでいる人がいますがそれは大間違いです。

なぜなら、

対面は序盤に
man5.gifman7.gifman8.gifman8.gif


の形で持っていて、
4順目に5萬、9順目に8萬と落としてきた可能性が高いからです。
そうすると待ちは6-9になります。

手バラの時はある程度中張牌を大事にするものですが、
今回の場合は5萬のあとにも中張牌をバシバシ打ってきてますし、
手はある程度煮詰まっていると考えても良さそうです。



ですから逆に7萬なんかは通りそうですね。
5568の形から5の先打ちして後に8を捨てるなんてあまり見かけませんから。
三色同順を狙ったカンチャン待ちや、
三暗刻のシャボ待ちなどの特殊な状況除いたらまず通るでしょう。


これは実戦でもよく見かけますのでかなり使えますよ!


※離れて置かれたスジ牌に注意せよ
















上記の捨牌の場合、
付け加えるなら3-6索もかなり怪しいですね。
sou2.gifsou4.gifsou4.gifsou5.gif


と持っていて24のカンチャンを嫌った場合待ちは3ー6索になります。
逆に捨牌に42の順で置かれていた場合は、
2445から42と打ったとは考えにくいので3-6索は比較的安全です。


※カンチャン状態で並んでる時は注意せよ















さらに補足すると、
すでに他の面子が足りている場合、

man2.gifman3.gifman5.gif


と持っていて序盤にポツンと5萬が捨てられていることもよくあります。
ですから上記の場合1-4萬も危険。


※序盤に5が捨てられていたときは
1-4、6-9に注意せよ














以上を考えると、

6-9萬の危険度35%
3-6索の危険度25%
1-4萬の危険度15%
その他ピンズや他の牌の危険度15%

という感じでしょうか。

上記の太字で書いた3点さえ覚えておけば、
捨牌を読むのがちょっと楽しくなること請け合いです。
明日からでなく今日から使えますw


是非活用してみてください。






――――――――――――――――――――――――――――――

追記:リンク追加しました。

そうみぃたん☆ブログ


そうみぃたん・・・ツボを押さえてやがる・・・っ
中の人と一緒に酒を酌み交わしたいもんだぜ・・・っ!
最初の頃に思いがちなのが、
「点数計算なんて出来なくても麻雀の強さに変わりはない」
ということです。

打ち始めて少し慣れてくると、
点数計算なんて出来なくても要するに勝てればいいんでしょ?
なんて考えが起きることもあります。



しかし。












これは師匠のアドバイス&自分の経験則ですが、

点数計算出来る人の中にも弱い奴はいる。
しかし
点数計算出来ない人の中に強い奴はいない。


ということです。


オーラスでトップと5500点差、2着と2300点差なんてときに、
せっかく逆転の手が入っているのにも関わらず、
点数計算を知らないばっかりに2着3着に甘んじるなんてことがあります。

90符100符などは知らないのはしょうがないにしても、
やっぱり最低限度の点数計算は覚えておいて損はないです。
点数計算出来ないと格好悪いですしねw









覚え方としては、
自分の場合は平和系から覚えました。
平和がらみの役が来たらなんでも点数が言えるようにしたのです。

リーピンツモドラ1…イチサンニンロク
リーピンツモドラ1…イチサンニンロク
リーピンツモドラ1…イチサンニンロク
リーピンツモドラ1…イチサンニンロク

日々の中で暇があったら唱え続けていました。
一週間も呪文のように暗唱していれば、
いざ実戦であがったときも言えるようになるものですw


最低限20符30符40符50符まで覚えておけば、
大体の局面で対応できます。
60符以上知らなかったらメンバーさんに聞いたって良い訳ですしね。



さあ、あなたも明日から!
リーピンツモドラ1…イチサンニンロク
リーピンツモドラ1…イチサンニンロク

これでリーピンツモドラ1であがったときは完璧ですw

なんかどっかのサイトに紹介されたのかのかもしれませんが、
昨日今日のHIT数がいつもの倍くらいです。
どこに載せられたのか気になる…w


そんなこと構わずにいつもどおり更新。




今日は心構えの話。

よく素人さんでありがちなのが、
「全ての局あがろうとすること」です。

確かに悪いことではありません。
全局守りに入るよりは攻める姿勢で良いと思います。


しかし麻雀は4人で打つものです。
4局あったとしたら、
自分は1局ないし2局あがれれば良いほうです。

自分があがる番でないと感じたら、
早々にオリる準備をしなければなりません。






例えば

東1局0本場9順目25000点持ち北家
関連牌は3ソーが一枚、①ピンが2枚出ている状態



hatu.gifhatu.gifman2.gifman2.gifsou1.gifsou2.gifsou6.gifsou7.gifpin2.gifpin3.gifpin3.gifpin8.gifpin9.gif



ドラ

pin2.gif




こんな状態から、
いきなり⑦ピンとか3ソーなどを仕掛ける人がいますが、
あまりよろしくありません。

9順目。
しかも手の中で發が暗刻ってるならまだしも後づけの状態。

はっきり言ってそれらを鳴くのはクソ鳴きです。


この手は喧嘩する手ではありません。
もしも鳴いて次順に親リーでも入って安全牌がないなど目もあてられません。




今は自分が行くべき手なのか?
それとも様子を見る手なのか?
それとも引き下がるべき手なのか?

それらの状態を常に確認し、
引くときは引く、行くときは行くと考えておかないと痛い目にあいます。

  • ABOUT
パチスロの話とか麻雀の話とか 適当にまったりと雑談してます
  • カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 3 4 5
6 7 8 9 10 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
  • 最新コメント
[03/21 ゴーストライダー]
[06/21 dagIllege]
[06/07 管理人]
[04/05 PUCCI]
[01/24 管理人]
  • リンクについて
当ページはリンクフリーです。 相互リンク募集しております。
  • バナー
(200×40)
必要な方はお使いください。
  • ランキング
未知のサイトへ
にほんブログ村 スロットブログへ 人気blog ランキングへ
  • プロフィール
HN:
zentpp
HP:
性別:
非公開
自己紹介:
メールアドレス

現在絶賛放置中
  • バーコード
  • ブログ内検索
  • カウンター
  • アクセス解析
  • お天気情報
Copyright © 賭博狂ノ詩 All Rights Reserved.*Powered by NinjaBlog
Graphics By R-C free web graphics*material by 工房たま素材館*Template by Kaie
忍者ブログ [PR]